2018年7月17日火曜日

「SAVE HENOKO」international campaign!


 緊急上映を開始します。土砂投入が始まる前に、今、見てほしい。
 
上映権付DVDを1万円で販売します。
 日本語版・英語字幕版・韓国語字幕版中国語字幕版があります。
ご購入いただけば、有料でも無料でも、どんな規模の上映会でも、自由に何回でも開くことができます。
ただし、DVDを他の団体や個人に貸し出しての上映会はできません。複製・コピーもできません。

【ご注文方法】 DVDの種類・枚数・お送り先ご住所・お名前・お電話番号を
FAX(03-3269-8296)かメールでお知らせください。
*請求書と郵便払い込み用紙を添えてDVDをお送りします。代金は到着後で結構です。



 
   《作品の内容》
1945年、アジア太平洋戦争末期、本土防衛のための「捨て石」とされた沖縄。3ヶ月に及ぶ激しい地上戦で、県民の4人に1人、12万人以上が亡くなった。
そのうち、9万4千人は兵士ではない住民だった。

73年経った今も、米軍は沖縄島の15%を占拠し続けている。アメリカの戦争のための訓練が今日も行われている。ベトナム、アフガニスタン、イラク…米兵は沖縄から戦場へと出撃する。

2006年、日米政府は、在日米軍の再編計画で、米海兵隊普天間基地を辺野古へ移設すると合意。

沖縄県民は、2014年の知事選挙で、新基地建設に反対する翁長雄志氏を知事に選んだ。10万票差の民意だった。

日米政府は沖縄の民意を一貫して無視。機動隊と海上保安庁を前面に立てて、暴力と弾圧で、工事を進めている。

辺野古、大浦湾の海は宝の海だ。国の調査でも、絶滅危惧種262種を含む5800種以上の生物が確認されている。ジュゴンもこの海にやってくる。

新基地が作られる米軍キャンプシュワブには辺野古弾薬庫が隣接する。弾薬庫は2つの活断層に挟まれている。ここから化学物質や放射性物質が漏れ出れば死の海だ。

県民たちは再び立ち上がった。2018年4月、「奇跡の1週間」、500人行動の初日には5時間にわたって工事車両を止め続けた。

辺野古の海を閉め切り、8月には土砂投入と伝えられている。しかし、この巨大埋め立て工事は、軟弱地盤、サンゴの保全、ジュゴンの保護など難題が山積みだ。県知事が毅然と対応し、人びとが抵抗し続ければ、新基地建設は頓挫する。

海が閉め切られ、生き物の生き埋めが始まる前に、今、見てほしい。
この美しい海の姿と人びとの強い思い、政府が隠そうとしている辺野古の真実を。





チラシは→こちら
 
 

緊急集会! 東京 7月28日(土)/ 横浜 7月29日(日)

以下の集会は終了しました。
台風の中、多数のみなさんにご参加いただき、ありがとうございました。
辺野古の現状と共に、初心、原点を思い起こすようなよい集まりになりました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


辺野古に生まれ育ち、新基地建設反対を貫く金城武政さん
土木技術者の立場から、工事の問題点を指摘し続ける奥間政則さんが、
東京・横浜にやってきます。
私たちの「SAVE HENOKO」も上映します。

土砂投入が迫る今、本当に今!、どうか沖縄の声を聞いてください。
7月28日(東京)、29日(横浜)、会場でお待ちしています。

2018年6月8日金曜日

DVD「速報 辺野古 2018年5月」

2018年5月19日 完成! ぜひ、今の辺野古をご覧ください。

販売価格 2000円

ゲート前と海での抵抗と人びと、工事の現状の空撮映像、土木技術者の奥間政則さん、北上田毅さんによる分析、5月15日の翁長知事の会見などを収録しました。
学習会や上映会で、自由に使用していただけます。

森の映画社が、沖縄で撮影を始めて15年目、新基地建設が着工されて5年目、今年が本当に未来を決する年になると感じています。2月の名護市長選挙後も、山城博治さんたちの裁判の判決、沖縄県が工事差し止めを求めた裁判の判決、「奇跡の1週間」ゲート前500人行動、県民投票を求める署名の開始、翁長知事の体調不良など、様々な出来事がありました。現場でも、座り込みが続けられていますが、連日、200台、300台という工事車両が入り、8月には埋め立て土砂の投入が開始されると伝えられています。

森の映画社では、秋に予定されている沖縄県知事選挙とその後までを視野に、『沖縄の未来』の撮影をすすめていますが、時期を失することなく、現在起こっていることを伝えてゆく必要も、同時に強く感じています。

DVD「速報 辺野古」は、今後も2か月に1度程度つくる予定です。
学習会、上映会でぜひ、ご活用ください。


【ご注文方法】 DVDの枚数・お送り先ご住所・お名前・お電話番号を持森の映画社札幌編集室まで、FAXかメールでお知らせください。請求書と郵便払い込み用紙を添えてDVDをお送りします。代金は到着後で結構です。
FAX 011-351-1068 メールはこちら

2018年2月7日水曜日

『辺野古ゲート前の人びと』続映中

2月3日(土)の神戸・元町映画館の上映は、お陰様で超満席スタート。現在、『辺野古ゲート前の人びと』神戸(2/9まで)、大阪(2/23まで続映決定)、那覇(2/23まで)上映中です。ご来場ください。

 那覇・桜坂劇場 
2/23(金)まで上映中
那覇市牧志3-6-10 電話 098-860-9555

2/3(土)〜2/9(金) 16:30
2/10(土)・2/11(日) 休映
2/12(月)〜2/16(金) 14:20
2/17(土)〜2/23(金) 19:30
劇場HPはこちら


 大阪・シアターセブン 
2/23(金)まで上映中
淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階 TEL06-4862-7733

2/3(土)~2/9(金) 11:50
2/10(土)・2/11(日) 11:05
2/12(月)~2/16(金) 14:30
2/17(土)・2/18(日) 18:30
2/19(月) 休館日
2/20(火)~2/23(金) 10:55
劇場HPはこちら


 神戸・元町映画館  
2/9(金)まで 毎日10:00から上映中

中央区元町通4丁目1-12   TEL:078-366-2636
劇場HPはこちら



2018年1月26日金曜日

桜坂劇場 明日(1/27)から!

いよいよ明日から、桜坂劇場(那覇)で「辺野古ゲート前の人びと」始まります。
上映は、1/27(土)~2/23(金)の4週間。
最初の1週間は毎日、上映後に監督+ゲストトークあり!


◎ゲストトークのスケジュール◎

1/27 (土) 金城武政(辺野古住民) 玉代㔟 章(小説家)
上映 14:30~ トークは上映後、16:00過ぎから

1/28(日) ゲート前のネーネーズ
上映は12:30~ トークは上映後、14:00過ぎから

1/29(月) 屋富祖昌子(生物学者)
上映 14:30~ トークは上映後、16:00過ぎから

1/30(火) 仲宗根勇(うるま9条の会共同代表・元裁判官)
上映 14:30~ トークは上映後、16:00過ぎから

1/31(水) 藤野優哉(宮古島の話+三線)
上映 14:30~ トークは上映後、16:00過ぎから

2/1(木) 伊波義安(奥間川流域保護基金代表)
上映 14:30~ トークは上映後、16:00過ぎから

2/2(金) 山城博治(沖縄平和運動センター議長)
上映 14:30~ トークは上映後、16:00過ぎから

上映時間、料金、劇場への行き方など詳細は、劇場HPでご覧ください。
桜坂劇場 那覇市牧志3-6-10 電話:098-860-9555


2018年1月23日火曜日

桜坂劇場、いよいよ1/27(土)から。大阪・シアターセブンも2/9(金)まで続映中!

「辺野古ゲート前の人びと」
桜坂劇場(那覇)で1月27日からはじまります。
最初の1週間、1/27(土)~2/2(金)は上映後、連日、監督+ゲストのトークあり。

1/27 (土) 金城武政(辺野古住民) 玉代㔟 章(小説家)
1/28(日) ゲート前のネーネーズ
1/29(月) 屋富祖昌子(生物学者)
1/30(火) 仲宗根勇(うるま9条の会共同代表・元裁判官)
1/31(水) 藤野優哉(宮古島の話+三線)
2/1(木) 伊波義安(奥間川流域保護基金代表)
2/2(金) 山城博治(沖縄平和運動センター議長)

【上映時間】 
■1/27(土) 14:30  *トークは上映後、16:00過ぎから
■1/28(日) 12:30 *トークは上映後、14:00過ぎから
■1/29(月)〜2/2(金) 14:30 *トークは上映後、16:00過ぎから
■2/3(土)~2/9(金) 16:30
*2/10(土)・2/11(日) 休映
■2/12(月)~2/16(金) 14:20
■2/17(土)~2/23(金) 19:30


**************************************
シアターセブン(大阪・十三)大好評続映中
**************************************
満席スタート、4週間の上映です。
1月20日以降の上映時間は、以下の通りです。

■1/20(土)~1/27(土) 12:00
■1/28(日)~2/2(金) 18:30
■2/3(土)~2/9(金) 11:50

元町映画館(神戸)は2月3日(土)から◎
限定1週間、上映、2月3日は上映後、影山監督トークあり。
毎日10:00から上映です