2019年12月2日月曜日

札幌おひろめ上映


12月19日(木)、20日(金)、21日(土)
3日間、毎日、4回上映。
毎日2回、藤本幸久・影山あさ子監督のトーク有

お申し込みは不要です。直接会場へお越しください。
*お手伝いいただける方、宣伝ご協力いただける方、ご連絡くださいませ。




2019年9月30日月曜日

最新ドキュメンタリー「ドローンの眼」おひろめ!


「基地の中に沖縄がある」と言われる現実は、鳥の眼でなければ見ることができない

九州の南から台湾へ連なる琉球弧の島々。
奄美大島、沖縄島、宮古島、石垣島、与那国島…地上からは見えない
米軍基地や自衛隊基地の全貌を「ドローンの眼」がとらえた。

私たち、沖縄ドローンプロジェクトは、2018年からドローン(小型無人飛行機)を使っての空撮で辺野古を中心に監視と撮影を続けてきました。

「改正ドローン規制法」により、飛行禁止区域に指定されると、二度と見ることができなくなります。飛行禁止区域の指定前に、沖縄島、そして奄美大島から与那国島まで、琉球弧の島々の米軍と自衛隊の基地と新基地建設現場を全力で撮影した映像です。

最新ドキュメンタリー映画「ドローンの眼」のおひろめ上映を10月5日の沖縄・那覇を皮切りに、神戸(10/11,12)、大阪(10/13)、東京(10/31~11/2)、横浜(11/3)で行います。
ぜひ、ご覧ください。

「ドローンの眼」 2019年8月15日完成/全2部構成・計68分
製作・著作 沖縄ドローンプロジェクト・森の映画社

========「ドローンの眼」内容========

第一部 改正ドローン規制法と辺野古(28分)

私たち、沖縄ドローンプロジェクトがドローンを使い、2018年から1年半にわたって続けてきた。ドローンによる監視と撮影から明らかになった辺野古新基地建設工事における防衛局の工事の違法と不正を奥間政則さん(土木技術者/沖縄ドローンプロジェクト分析担当責任者)の解説とともに伝える。

2019年6月13日に施行された改正ドローン規制法で防衛大臣が飛行禁止区域を指定できることになった。辺野古の米軍提供水域が飛行禁止区域に指定されると、4km以上離れないとドローンは飛ばせない。工事現場は見えなくなる。

第二部 ドローンで見る沖縄の基地(40分)

沖縄島の15%を占める陸軍・海軍・空軍・海兵隊の巨大な米軍基地群、奄美大島、宮古島、石垣島、与那国島・・・琉球弧の島々で建設がすすむ自衛隊基地を改正ドローン規制法による飛行禁止区域指定の前に全力で撮影した。

撮影場所:陸上自衛隊奄美駐屯地、米海兵隊北部訓練場、米海兵隊伊江島補助飛行場、米海兵隊キャンプ・シュワブ、米海兵隊キャンプ・ハンセン、米空軍嘉手納飛行場、米空軍・米海兵隊嘉手納弾薬庫地区、米陸軍トリイ通信施設、米海軍・米陸軍ホワイトビーチ地区、米陸軍貯油施設、米海兵隊牧港補給地区、米陸軍那覇港湾施設、陸上自衛隊勝連分屯地、航空自衛隊那覇基地、陸上自衛隊宮古島駐屯地、航空自衛隊宮古島分屯基地、石垣島陸上自衛隊駐屯地予定地、陸上自衛隊与那国駐屯地

おひろめ上映スケジュール

●沖縄●

日時:105日(土) 14:00~ 
(那覇市西3-11-1

上映後、奥間政則さん(沖縄ドローンプロジェクト分析担当責任者/土木技術者)、
儀保唯弁護士(辺野古ドローン規制法対策弁護団事務局長)の報告と質疑あり
チラシ(表)→こちら チラシ(裏)→こちら

●神戸●

1011日(金)・1012() ①11:00 ②13:00 (両日とも) 
元町映画館 2F イベントホール 
(神戸市中央区元町通4丁目 ☎0783662636

全上映後、影山あさ子監督トークあり
チラシ→こちら

●大阪●

1013() ①10:30 ②17:30
(淀川区十三本町3丁目1-7-27 サンポードシティ5階 ☎006-4862-7733

全上映後、影山あさ子監督トークあり
チラシ→こちら

●東京●

1031(木)、11月1日(金)、11月2日(土)1日3回上映  11:00 14:00 19:00
(渋谷区渋谷32715 光和ビル地下1階)

全上映後、藤本幸久監督、影山あさ子監督トークあり
チラシ→こちら

●横浜●

113日(日) ①11:00~ ②14:00
(横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1)

全上映後、藤本幸久監督、影山あさ子監督トークあり
チラシ→こちら

*入場料は全会場とも1000円
お問い合わせは→沖縄ドローンプロジェクト

*「ドローンの眼」は1万円で自主上映できます。
詳細は→こちら!




2019年8月4日日曜日

ゲスト紹介!SHINTOKU空想の森映画祭

宮古島から、沖縄島から、小谷村から
今年も多彩なゲストでお届けします。
もちろん、新得のスターも。。。
SHINTOKU空想の森映画祭公式HP→こちら FB

第1日目(9月14日)は沖縄の日。

映画も、公演も、宮古島民謡ライブもあるよ!

森口豁さん
10:00~ 森口豁監督と見る、語る沖縄。
名作、「乾いた沖縄」をはじめ、「毒ガスは去ったが・・・」「沖縄15年目の夏~基地の村の若獅子たち」「一幕一場・沖縄人類館」の4作品の上映と
森口さんの渾身トーク。


15:00~ 『ドローンで見る沖縄の基地』
山城博治さん
ドローンが映しとる島々の軍事化、日米の基地の姿
解説:影山あさ子監督


15:30~ 山城博治さん講演
「琉球弧の軍事化をめぐって」
言わずと知れた「ミスター・辺野古ゲート前、山城博治沖縄平和運動センター議長。縦横に今の沖縄を語っていただきます。

19:30~ 沖縄民謡ライブ 川満健功がんずう三線教室
宮古で師匠たちの唄、三線、太鼓、踊りで(オトーリ回しながら)盛り上がった夜は、本当に素晴らしかった。今年の映画祭で、みなさんにもその感激をお届けします!15日には江別ライブも!


2日目(9月15日)はアジアの先住民の日!

フィリピンのパラワン、台湾のアミ族、北海道のアイヌ民族の映画と
中井信介監督のインドネシア最新作とトーク。

10:00 『神聖なる真実の儀式』 (パラワン/フィリピン)
『神聖なる真実の儀式』

13:00 『これぞ人生、これぞパンツァーの民』
    『酒祭の男たち』(アミ族/台湾)
『これぞ人生、これぞパンツァーの民』
15:00 『アイヌの結婚式』民族文化映像研究所
 15:35 『イヨマンテ~熊送り』民族文化映像研究所
『アイヌの結婚式』
17:45 『沙流川アイヌ・子どもの遊び』民族文化映像研究所
 18:40 『沙流川アイヌ・子どもの遊び-冬から春へ』民族文化映像研究所
『沙流川アイヌ・子どもの遊び-冬から春へ』
  20:00 『森の守り人~イサムの場合~』
上映後、中井信介監督のトークあります
『森の守り人~イサムの場合~』
中井信介監督

3日目(9月16日)は共働学舎の日!

地元新得共働学舎を描く「空想の森」と信州・真木共働学舎を描く「アラヤシキの住人たち」一挙上映。「空想の森」田代監督トークの他、宮嶋信さん(真木共働学舎/弟)、望さん(新得共働学舎/兄)の豪華代表兄弟講演あり!

                 9:30 『空想の森』
『空想の森』
田代陽子監督
空想の森映画祭から生まれた作品。新得共働学舎に暮らす人たちと農業を志し、新得・新内にくらす宮下夫婦。登場人物に映画祭で会える・・・監督トーク有

13:00 『アラヤシキの住人たち』
『アラヤシキの住人たち』
15:00  宮嶋信(真木共働学舎代表)講演 「笑いとありがとう❗」
人はみな、それぞれそれぞれ違った使命を与えられています。誰一人同じ人はいない。教育は不便なるが良し。小谷村で唯一夏でも車が入らぬ山村真木地区。そこでのアラヤシキの住人たちの生き方、暮らしぶり。
宮嶋信さん

16:30  講演 宮嶋望(新得共働学舎代表)
「一人一人の可能性を引きだし、土地の個性を生かすものづくり」
 人も土地もそれぞれ個性を持っている。その可能性を引き出すことで社会に
役立てることが出来れば人も土地も輝けるだろう。
宮嶋望さん
17:30  宇井ひろしミニ・コンサート
この人の歌を聞かずに映画祭は終われない!

 19:00  さよならパーティ
・・・今年も美味しいはず!

*会場への行き方・各料金・各作品の詳細などは、公式HPからご確認ください。

2019年7月23日火曜日

第24回 SHINTOKU空想の森映画祭!

2019年9月14日(土)~16日(月・休)の3日間
会場は、もちろん、新内ホール。
今年もみなさまお越しくださいませ。
公式HPはこちら FBもお立ち寄りください。


宮古島から民謡の師匠たち10人がやってくる!
森口豁さん、山城博治さんのお話も。


9月14日(土) 沖縄の日

初日14日は、沖縄特集。森口豁監督と見る、語る沖縄、沖縄平和運度センター議長の山城博治さん講演の後、夜は宮古民謡ライブ。元宮古島民謡協会会長の川満健功さんと門下生のみなさん+琉球古典太鼓の第一人者である松堂亨(徳八流太鼓)さんの太鼓!
すごいぞ。


民族文化映像研究所の4作品
+フィリピン、台湾、インドネシア



9月15日(日) アジアの先住民特集!

2日目は、アジアの先住民特集。フィリピン、台湾の先住民監督の作品と民族文化映像研究所の「アイヌの結婚式」「沙流川アイヌ・子ども遊び」他。新得ではお馴染み、中井信介監督のインドネシアの最新作も上映します。

真木共働学舎の宮嶋信さん
新得の宮嶋望さんがやってくる



9月16日(月・休) 共働学舎特集!

3日目は共働学舎特集。信州・真木共働学舎を描く「アラヤシキの住人たち」の上映と真木共働学舎代表の宮嶋信さんの講演。もちろん、新得の宮嶋望さんも登場します。田代陽子監督の映画「空想の森」も上映も有。



ぜひぜひ、今年も、美味しい、楽しい3日間、一緒にすごしましょう!
*ポスター、チラシあります。宣伝にもどうぞ、ご協力ください。

2019年1月20日日曜日

1月26日(土)よりシアターセブン(大阪・十三)で緊急上映!

初日1/26(土)、2日目1/27(日)は上映後、監督トーク有。
最新、辺野古・沖縄レポートをお届けします。
シアターセブン(大阪・十三)でお目にかかりましょう!

劇場HP→こちら


2019年1月1日火曜日

沖縄県政記者クラブ、沖縄県議会記者クラブに加盟しました

明けましておめでとうございます。

みなさまに、今日は嬉しいお知らせがあります。今日、1月1日より、森の映画社が沖縄県政記者クラブ、沖縄県議会記者クラブの加盟社になりました。

加盟が決まるまで4回の記者クラブ総会が開かれ、提出される意見や疑問に対し、一つ一つ答えてきましたが、中には、「(森の映画社は)報道に名を借りて政治情報の収集に利用しようとしているのではないか」など、およそ報道機関の発する議論とは思えないものが、いくつもありました。
何度もやりとりを重ね、最終的に、正会員14社のうち12社の賛成を得て記者クラブに加盟が認められました。
無記名投票のため、加盟に反対した2社がどこかは分かりませんが、無記名投票を強く希望したのが産経、読売の2社であったことを考えれば、加盟に際し推薦者となってくれた琉球新報、沖縄タイムスをはじめ、在沖縄メディアがこぞって賛成してくれたのだと思います。

規約上、加盟にはテレビ、新聞、通信のいずれかのカテゴリーに属するメディアでなければならないため、ネット配信をする通信社として加盟しています。沖縄県政記者クラブは、ネット配信も「通信」として認めたということです。ネットメディアの取材の自由にとって、大事な一歩だと考えています。

これからも、沖縄で、全力取材・撮影を続けますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年1月1日
森の映画社 藤本幸久・影山あさ子

2018年12月16日日曜日

12月の上映予定(神戸&札幌)

12月は森の映画社最新作、神戸と札幌で上映します!

沖縄のをみる札幌上映
12/23(日)、24(月・休)、25(火) 
@札幌エルプラザ 2F 環境研修室
森の映画社最新作、3本一挙上映。
毎日、藤本・影山共同監督の最新沖縄現地報告あり。



沖縄の<現在>を伝える緊急上映会
 12/22(土)・23(日) 
「デニーが勝った!」「宮古島からのSOS」2本立
1日2回上映、毎回、影山監督の最新沖縄報告あり。
詳細→こちら